下野紘インタビュー 実写映画初主演について語る

©株式会社近代映画社

アニメ「進撃の巨人」「うたの☆プリンスさまっ♪」などの人気声優・下野紘が、実写映画に初主演したことで話題の映画『クロノス・ジョウンターの伝説』。大ヒット映画『黄泉がえり』や『この胸いっぱいの愛を』で知られるSF小説界の巨匠・根尾真治の叙情SFの傑作を、『アリス・イン・ドリームランド』や『サンタクロースがやってきた』などの海外との合作映画を手掛けてきた蜂須賀健太郎監督が完全映画化した作品だ。
想いを寄せる女性を救うために過去に戻る吹原和彦を演じた下野紘に、本作の見どころや実写映画初主演を果たした心境などを聞いた。

Photo by Tsukasa Kubota

これしかないぜと思ったらすぐ駆け出すところは、僕と和彦は似ているかも

——「クロノス・ジョウンターの伝説」の吹原和彦役で実写映画初主演となりますが、決まった経緯を教えていただけますか。

「以前、蜂須賀(健太郎)監督の『アリス・イン・ドリームランド』に声で出演させていただいたことがあるんです。その打ち上げで〝機会があったら、下野さん主演で実写映画を撮りたいので、よろしくお願いします〟と言われました。そこで話は終わったと思っていたのですが、数年後にオファーをいただきまして、“あっ、本当だったんだ!”と(笑)。びっくりはしましたけど、いろんなことに挑戦したいという思いがあったので、引き受けさせていただきました」

——映画の、しかも主演ということに関してはいかがですか?

「僕でいいのだろうか、というとまどいはもちろんありました。カメラの前で芝居をする経験自体は初めてではないとは言え、緊張や不安はありましたね。ただそれ以上に、責任感がありました」

——実写映画で主演というニュースが発表になった時、かなりの反響があったと思います。周りの反応は、どんな感じでしたか?

「たくさん、いただきました。先輩からメールをいただいたり、“映画の主演とはすごいな!”と言われたり。一方で、年齢の近い人からはイジり倒されました(笑)。ハリウッドスターだと言われて“いやいや、日本だし!”とツッコんだり、応援上映はあるのかと聞かれたり(笑)。ある現場では“メイキングの上映会を、このスタジオでやりましょう”と言われて、“僕はその日だけ別の仕事が入るか体調が悪くなるので、絶対に行きません!”と伝えています(笑)」

——最初に脚本を読んだ時の感想は?

「セリフがいっぱいあるな、脚本のページをめくってもめくっても『和彦』と書いてあるな、と思いました(笑)。和彦が来美子という女性と出会って喜びや幸せを見つけたさなか、彼女が交通事故に遭い……という物語ですが、撮影となると展開があまりにも早いので、気持ちを作っていくのが大変でした。和彦って、本当に来美子のことが好きなんだなと思いましたね」

——声の演技と実写での演技、取り組み方や考え方に違いは?

「僕は普通に話しているつもりの声が、“とてもいい声ですが、周りの人とのバランスがあるので、もう少し抑えてください。でも、素の下野さんを出してください”と言われまして。素のしゃべりがこれなのに、どうしようかと(笑)。撮影の過程でだいぶバランスを取れるようになりましたが、本読みの段階では“もっと声を抑えてください”を連発されていました」

——原作者の梶尾真治さんが、「白いシャツ姿の下野紘さんは、まさに吹原和彦が具現化したのではと驚かされました」とのコメントを寄せています。このコメントを聞いて、いかがですか?

「そんなことを言っていただけるなんて……、なんだかすみません(笑)。声のお芝居も含めて、原作がある作品に関しては、原作者の方にそう言ってもらえるよう頑張っているところもあります。だから、とても嬉しいですね」

——和彦と下野さんの共通点は?

「ひとつのことを考え始めたらそれしか見えなくなるところは、似ているかもしれません。花屋で働く来美子に一目惚れした和彦は、仕事中に“花をどうする?”と同僚に言われて“花→花屋→あの人に会える!”と即座に連想する。これしかないぜと思ったらすぐに駆け出すところは、近いような気がします。駆け出してみたものの、会いに行くところまでしか考えていないという部分も、似ているかも(笑)。実際に面と向かうと、“あっ、どうすればいいんだろう”となっちゃう感じはよく理解できます」

——和彦は来美子を救うために、開発中のタイムマシン“クロノス・ジョウンター”に乗り込みます。もし下野さんが同じ状況に陥ったら、乗りますか?

「乗りますね」

——即答ですね!

「確実に乗ります。だから和彦の行動や気持ち、わかるんですよ。大切な存在……、和彦にとっては一目惚れだったことも大きかったかもしれませんが、そういう存在がなくなったらイヤだし、取り戻せるのならば取り戻したい。そのための自分のリスクは、あまり考えないと思います」

——まさに和彦ですね。演じ終えてみて、また実際の演技をやってみたい気持ちはありますか?

「声だけじゃないお芝居をやることは、声優という仕事をやっていく上でもいろいろな影響やつながりがありますから、断る理由は何ひとつないと思っています。芝居だけじゃなく、今やっているアーティスト活動も、声優業にフィードバックされる部分があります。機会があれば、いろんなことにどんどん挑戦していきたいです」

——「実写映画の初主演」はとても大きな経験だったと思いますが、下野さんが得たものは何でしたか?

「リアルな世界を描く際に、今の声の出し方だとリアリティが生まれないこと、もっと違うアプローチの仕方を考えたほうがいい、ということに気づかされました。今まで僕が持っていた芝居の価値観とは違うので、状況によって変えていかなければいけないんだと再確認した感じです。今までよりもっと繊細に演じていこうと思いました」

——本作の見どころは?

「個人的には、映画初主演の僕がどんな芝居をしているか、ファンの皆さんに感じていただければと思います。あとは事前予告で流れているシーンがどんな意味なのか、ぜひ知ってもらいたいですね」

——公開を楽しみにしているファンの方へ、メッセージを!

「原作を読んだ方にとっても、読んでいない方にとっても、楽しめる作品となりました。映画自体はいろんな想像を膨らませて見ていただくと、さらに楽しめると思います!」

(インタビュアー・文/篠崎美緒)

(ストーリー)

住島重工の開発部門・P
フレックに勤めている吹原和彦(下野紘)は、通勤時に通りかかる 花屋で働く蕗来美子(井桁弘恵)に想いを寄せていた。一方、会社では、時間軸圧縮理論を採用し、物質を過去に送ることの出来る放出機「クロノス・ジョウンター」の開発に成功した。

そんなある日、突然の事故で、来美子を失ってしまう。

クロノス・ジョウンターに乗り込み、来美子を救うため、過去に戻る和彦だったが、クロノス・ジョウンターには重大な欠点がある事が隠されていた……。

『クロノス・ジョウンターの伝説』
2019年4月19日(金)よりシネ・リーブル池袋ほか全国順次ロードショー
原作:梶尾真治
監督:蜂須賀健太郎
出演:下野紘、井桁弘恵、尾崎右宗、岩戸秀年、ほか
配給:パル企画
© 2019 梶尾真治/徳間書店・映画「クロノス・ジョウンターの伝説」製作委員会