リモート接続ソリューション「TeamViewer」の提供や活用で協業(ラック、チームビューワー)

©株式会社イード

AR機能を用いたリモート接続 活用の様子

株式会社ラックは4月23日、TeamViewerジャパン株式会社(チームビューワー)と包括的なパートナー契約を締結し、同日より協業を開始したと発表した。両社は、業務の効率化や働き方の多様化といった業務変革に取り組む企業に対し、セキュアで効果的なリモート接続ソリューションを活用した支援を行う。

チームビューワーが提供するリモート接続ソリューション「TeamViewer」は、技術的な優位性があり、遠隔機器の保守やシステム利用者のリモートサポート、遠隔指導に適したAR(拡張現実技術)機能がある。また、多くのデバイスをサポートしていることなどから、ラックのセキュリティ対策の知見を活用することで、安全なリモート接続ソリューションを提供する。両社は同製品を生かした業務変革や働き方改革の支援、企業へのセキュリティコンサルティングおよびユーザ教育などを行う。