わたし、定時で帰ります。:第2話視聴率は10.4%と上昇 “ワーママ”内田有紀、子育てと仕事の両立に葛藤

©株式会社MANTAN

ドラマ「わたし、定時で帰ります。」で主演を務める吉高由里子さん

 女優の吉高由里子さんの主演ドラマ「わたし、定時で帰ります。」(TBS系、火曜午後10時)の第2話が23日に放送され、平均視聴率は10.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と第1話の9.5%から0.9ポイント上昇した。

 ドラマは、朱野帰子(あけの・かえるこ)さんの同名シリーズ小説(新潮社)が原作。「残業問題」を切り口に、単なる制度改革ではなく働く人々の意識改革=社会人の持つべき“ライフ・ワーク・バランス”について描く。

 第2話は、結衣(吉高さん)の先輩であり、新人時代の教育係で、双子を出産、育休をとっていた賤ヶ岳八重(内田有紀さん)が職場復帰。復帰早々、張り切り過ぎている賤ケ岳の様子に、結衣をはじめ周りの社員は動揺を隠せず……という展開だった。