金山、北欧カフェ「Rajakivi(ラヤキヴィ)」で北欧伝統料理やロバーツコーヒーを

©株式会社サンケイリビング新聞社

こんにちは。今回は北欧の雰囲気が感じられるカフェを紹介したいと思います。

北欧フィンランド、実はコーヒー消費国世界一だそうです。金山にあるカフェ「Rajakivi(ラヤキヴィ)」では、日本ではなかなかお目にかかることのできない北欧ブランドの「Robert'sCoffee(ロバーツコーヒー)」や、紅茶「Nordqvist(ノードクヴィスト)」を味わうことができます。

出典:リビング名古屋Web

北欧の伝統料理「スモーブロー」

ちょうどお昼どきに伺ったので、デンマーク式オープンサンド「スモーブロー」を選びました。具材はグラブラックスサーモンのスモーブローです。薄くスライスしたライ麦パンにバターを塗り、その上にパンが隠れるくらいの食材がたっぷり載っています。

出典:リビング名古屋Web

デンマークの伝統的な料理です

お水の入ったグラスは有名な北欧ブランド、iittala(イッタラ)。お皿やマグカップなど他の食器もすべて北欧のものでした。シンプルだけどしっくり手に馴染む、素敵な食器です。

フィンランドのロバーツコーヒーが楽しめます

ドリンクはバニラフレーバーのコーヒーにしました。バニラ風味のミルクが添えられています。まずはそのまま香りを楽しみ、その後にミルクを入れて2つの味わいを楽しめますね。

出典:リビング名古屋Web

また、ハーフサイズのケーキも追加でオーダー。鮮やかなベリーのジャムが添えられたレアチーズヨーグルトケーキです。デンマーク産クリームチーズの濃厚さにヨーグルトの酸味が爽やかさを添える、とても美味しいケーキでした。また、レジ近くには北欧のパン、コーヒーが並んでいます。

出典:リビング名古屋Web

その日はちょうどマリメッコのトートバッグを持っていたこともあり、お店の方が「北欧がお好きなんですか?」と話しかけてくださいました。ベストシーズンはいつ頃か、ヘルシンキでもオーロラは見えるのかなど、ほんのわずかな時間でしたが参考になるお話を聞くことができました。セントレアからヘルシンキまでの直行便があり、いつか行きたいと思っていたので嬉しかったです。

モーニングタイムにはカルヤランピーラッカなど、ちょっと珍しいパンがドリンクに無料で付いてくるそうです。なじみのない名前なので、想像するだけわくわくしますね。また、砂糖やベーキングパウダーを使わずに焼き上げるフィンランドパンケーキといった本当にいろいろな北欧スタイルのメニューが揃っているので、きっとお気に入りの一品に出会えると思います。

ラヤキヴィ 名古屋市中区金山 2-11-1 アーバンハイツ金山1F 8:00〜18:30 月曜定休(祝日の場合翌日火曜日休み)TEL:052-253-7632