川谷絵音がバンドをかけもちする理由「怠惰なので、やること作らないと寝ちゃう」

©株式会社J-WAVE

J-WAVEで放送中の番組『GOOD NEIGHBORS』(ナビゲーター:クリス智子)。4月18日(木)のオンエアでは、indigo la End、ゲスの極み乙女。の川谷絵音さんが登場。多彩な活動について伺いました。

この日の川谷さんは、ジュースクレンズに挑戦中。ゲスの極み乙女。の休日課長と一緒に挑んでいて、「好転反応が起きて、頭は痛いしお腹も痛い」とコメント。3日間のうちの2日目だそうですが、「何も食べてないので、すれ違う人みんな飯食ってるんだろうなと思うとすごく腹が立ってくるんです」とつらい気持ちを明かしました。

■複数のバンドをかけもちする理由

川谷さんはindigo la End、ゲスの極み乙女。に加えジェニーハイ、インストバンド・ichikoroなど、多くのバンドで活動をしています。多忙な日々を、どう乗り切っているのでしょうか。

川谷:ichikoroは、僕がフジテレビのドラマの劇伴を作っていて、作っているメンバーでバンドになりそうだなと思ったんです。ichikaくんというギタリストがいて、連絡をとって一緒に寿司を食べに行って、「劇伴を作ってるんだけど、これに君のギター入れたらバンドになるんじゃない?」と言ったら「じゃあやりましょう」と、寿司屋で決めました。
クリス:レコーディングもあったり曲作りもあったり、どのようにこなしているんですか?
川谷:どんなふうにとかではなく、やるだけなんです。だから変なスケジュールになるんです。indigo la Endでツアーやワンマンをやって、次の日はichikoroで大阪、名古屋とか。また戻ってきてレコーディングとか。
クリス:そのバンドのメンバーに会ったら、スイッチを変えられるものですか?
川谷:変えられます。ichikoroは小さいライブハウスでやるんで、昔を思い出せるんです。レンタカー借りたりして、楽しいですよ。機材も自分たちで搬入したり、いろいろな活動が今でもできるのがいいなと思います。ジェニーハイでは芸人さんとバンドやったりとか、規模感も全部違うのでおもしろいです。
クリス:いろいろなバンドを組むのは、「その人が出す音がほしい」などの理由で?
川谷:ジェニーハイは誘われて入ってるんで、自分で決めたわけじゃないです。小籔千豊さんがゲスの極み乙女。とかをずっと聴いてくれていて、誘ってくれたんです。バンドは、結果論で増えていったという感じですね。

「独特な人」というソロプロジェクトも立ち上げているそうです。自ら舞台に出演し、音楽と絡めたコントなどに挑戦しているのだとか。多方面で才能を発揮する一方で、自身のことを「怠惰な人間」とも表現しました。

川谷:僕は基本、怠惰な人間で、寝ていたいタイプなんです。だからこそ、やることを作らないと僕はどんどん寝ちゃうんで。だから無理やり増やして、終いにはジュースクレンズしてつらいという(笑)。

■同じフィールドの人を評価するのは大変

川谷さんは、雑誌『日経エンタテインメント!』の連載で、音楽について独自の視点で解説をしています。自分以外のアーティストの音楽を評論するのは、気を遣うこともあるそうです。

川谷:同じフィールドの人を評価する連載なので、すごい大変なんです。言葉を選ばなかったりしないといけないので。(評論する)曲も何を選ぶかは、送られてきたものから自分で選ばないといけなくて、あまり知らないものは聴き込まないといけなかったりします。ちゃんと知ってから評価したいと思っています。

ぜひチェックしてみてください。

番組では、川谷さんがセレクトしたBibioの『Before』をオンエアしました。「どんなときにも聴ける。タクシーの移動中とかでよく聴いています」と紹介しました。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『GOOD NEIGHBORS』
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

【関連タグ】
GOOD NEIGHBORS   クリス智子   音楽   川谷絵音