東・西日本 6月は空梅雨気味 7月に前線活発か 気象庁3か月予報

©株式会社ウェザーマップ

5月~7月の平均気温。左から、低い:平年並み:高いの各確率 出典=気象庁HP

 気象庁は24日、向こう3か月(5~7月)の天候の予想を発表した。沖縄・奄美では暖かい空気に覆われやすく、気温は平年並みか高い見込み。一方、その他の地域では、ほぼ平年並みとなりそうだ。

東・西日本 梅雨の雨は後半に集中か

 太平洋高気圧は、フィリピン方面への張り出しが強い見込み。沖縄・奄美には高気圧のへりに沿って南からの暖かく湿った空気が流れ込み、前線や湿った空気の影響を受けやすく、向こう3か月の降水量は平年並みか多い見込み。
 東・西日本は向こう3か月の降水量はほぼ平年並みだが、6月は前線の影響を受けにくく、平年並みか少ない予想。一方、7月は前線の影響を受けやすく、平年並みか多くなる見通しだ。

5月 沖縄・奄美 曇りや雨の日多い

5月の降水量。左から、少ない:平年並み:多いの各確率 出典=気象庁HP

 全国的に天気は数日の周期で変わり、東日本日本海側と西日本では、平年と同様に晴れの日が多い見通し。 一方、沖縄・奄美は前線や湿った空気の影響を受けやすく、平年に比べて曇りや雨の日が多くなりそうだ。

6月 東・西日本は少雨傾向

6月の降水量。左から、少ない:平年並み:多いの各確率 出典=気象庁HP

 北日本は6月前半は、天気が数日の周期で変わる予想。6月後半は、平年と同様に曇りや雨の日が多い見通しだ。また、 東・西日本では、前線や湿った空気の影響を受けにくく、平年に比べて曇りや雨の日が少ない見込み。一方、沖縄・奄美では、前線や湿った空気の影響を受けやすく、平年に比べ曇りや雨の日が多くなりそうだ。

7月 東・西日本は雨多く

7月の降水量。左から、少ない:平年並み:多いの各確率 出典=気象庁HP

 北日本では、平年と同様に曇りや雨の日が多い見通し。また東・西日本では、前線や湿った空気の影響を受けやすく、平年に比べ曇りや雨の日が多い予想。一方、 沖縄・奄美では、平年と同様に晴れの日が多い見通しだ。