上野樹里が13年ぶり月9主演! 時任三郎と父娘役で法医学者&刑事役

©株式会社東京ニュース通信社

上野樹里が7月8日スタートのフジテレビ系連続ドラマ「監察医 朝顔」(月曜午後9:00)に主演することが決まった。

法医学者と刑事という異色の父娘関係を描く新元号初の“月9”ドラマで、上野にとっては玉木宏とダブル主演した「のだめカンタービレ」(2006年)以来、約13年ぶりの“月9”主演となる。上野は、遺体の“生きた証”を見つけ出すため、時に自身の仕事の範疇(はんちゅう)を超えてまで懸命に、そして真摯(しんし)に遺体に向き合う新米法医学者・万木朝顔を演じる。

東日本大震災で母親が行方不明にあるという背景を持ち、時任三郎演じる父親でベテラン刑事の万木平と二人暮らし。存在自体が“生きた証”である母の遺体が震災で奪われてしまった中、朝顔は誰かの“生きた証”を見つけ出す法医学者の仕事に打ち込み、平は時間があれば遺体を探しに東北へ向かう。ドラマでは、朝顔が解剖で、平が事件捜査で遺体の謎を解き明かしていくサスペンスと同時に、遺体から見つけ出された“生きた証”が生きている人たちの心を救っていくさまをハートフルに描く。

「のだめカンタービレ」以来の“月9”主演に上野は「長期にわたって演じさせていただいたので、たくさんの思い出がありますし、いろんな経験をさせていただきました。そんな特別な思い入れのある枠に、また出演することができて大変うれしく思います」と意気込み。朝顔を演じる上では「刑事である父とともに事件と向き合い、被害者のご遺体に残されたメッセージと心から向き合います。太陽とともに咲く朝顔の花のように、つらいことがたくさんあっても明るく前向きに生きている主人公を演じていけたら」と話している。