ソフトテニスに日本初のプロ選手

船水颯人、ヨネックスと契約

©一般社団法人共同通信社

 ヨネックスは24日、ソフトテニスで昨年のジャカルタ・アジア大会で日本の男子団体銀メダルに貢献し、4月にプロ転向した船水颯人(22)と所属契約したと発表した。日本ソフトテニス連盟によると、実業団などのチームに属さない形での日本人初のプロ選手。船水は東京都内で記者会見し「ソフトテニスには可能性が眠っている。競技の可能性に挑戦したかった」と意気込みを語った。

 青森県出身の船水は2015年に世界選手権団体で金メダルを獲得し、今春に早大を卒業。競技をよりメジャーにしたいという思いでプロ転向を決めたという。