豚コレラ拡大防止で議員立法

予防的殺処分を可能に

©一般社団法人共同通信社

 岐阜県や愛知県で発生が続いている豚コレラに関し、感染拡大防止のための予防的殺処分を可能にするために、自民党の有志議員が家畜伝染病予防法の改正案提出を検討していることが24日、分かった。農林水産省による発生地域との協議がまとまり次第、現在開かれている通常国会に提出する方針だ。

 農水省は予防的殺処分の対象に、発生農場の周辺にある移動制限区域内の養豚場や、豚コレラに感染した野生のイノシシが発見された地域の養豚場を想定。感染拡大を防ぐために豚を早期に出荷して養豚場を空にするよう要請し、応じない場合などに予防的殺処分に乗り出す構えだ。