くまモンの新イラストなど発表 熊本県

©株式会社熊本日日新聞社

八代港のクルーズ船拠点整備をPRするくまモンの新イラスト(県提供)
県が制作したくまモンの文字ロゴ(県提供)

 熊本県は24日、企業が商品や包装に使えるくまモンの新イラストとロゴ計45種類を発表し、利用申請の受け付けを始めた。このうち5種類は、2020年4月末までの県内企業限定デザイン。

 追加したのは、白衣姿やコック、パイロットに扮[ふん]したくまモンのほか、八代港のクルーズ船拠点整備をPRするデザインなど。「KUMAMON」の文字ロゴと、ハンカチ・ネクタイ向けの柄も初めて用意した。

 企業側からの要望を受け、約300万円かけて制作した。国内企業が国内で販売する商品には、無料で使用できる。県知事公室は「県の認知度向上や販路拡大に活用してほしい」としている。

 くまモンのイラスト総数は今回で175種類となった。(高宗亮輔)