【卓球】佐藤瞳、中国に肉薄 複でメダル獲りへ<世界卓球2019>

©株式会社ピンポン

写真:佐藤瞳(ミキハウス)/撮影:田村翔(アフロスポーツ)

<2019世界卓球選手権大会・個人戦(ハンガリー・ブダペスト) 2019年4月21日~4月28日>

24日、世界選手権の女子シングルス4回戦が行われ、佐藤瞳(4月度世界ランキング13位・21歳)=ミキハウス=が王曼ユ(同4位・20歳)=中国=に2-4で惜しくも敗れ、シングルスはベスト16となった。

第1ゲーム、コートを広く使ったカットで王を揺さぶった佐藤。5-9と離されたが、6連続ポイントでゲームを先取した。

第2,第3ゲームは王のパワーボールを抑えることができず、連続でゲームを落とす。第4ゲームは要所での佐藤の攻撃がよく決まり、ゲームポイントでもロビングから攻撃に転じ、ゲームカウント2-2と追いついた。

第5ゲームは王の連続攻撃を浴び、一方的な展開で奪われた。あとがない佐藤は第6ゲームも攻撃とカットの変化でポイントを重ね、8-2とリードを広げる。ここから長いラリーが続く展開が多くなったが、6連続で王が得点。佐藤は1点をエッジボールで返したが、さらに王が3連続得点をあげ、佐藤は敗戦を喫した。

佐藤はシングルスをベスト16で終えたが、橋本帆乃香(ミキハウス)と組んだ女子ダブルスでは準々決勝に残っており、ダブルスでのメダル獲得に望みを託す。

試合のスコア

<女子シングルス 4回戦>
佐藤瞳 2-4 王曼ユ(中国)
11-9/4-11/9-11/11-8/4-11/9-11

文:ラリーズ編集部