トヨタ マークX終焉 特別仕様車を発売

©株式会社モータープランニング

トヨタは「マークX」に特別仕様車「250S“Final Edition(ファイナルエディション)”」、「250S Four“Final Edition(フォー ファイナルエディション)”」を設定し、2019年4月24日から発売を開始した。

マークX 特別仕様車 250S“Final Edition”<オプション装着車>

マークⅡからの歴史に終止符

マークXは1968年に上級セダン「マークⅡ」として登場以来、50年以上にわたりミッドサイズFRセダンとして販売されてきたが、近年はセダン市場の退潮トレンドの影響を受け、販売は縮小してきた。そのため、ついに2019年12月で生産が終了終了することが決定した。

半世紀に渡る歴史の最後の記念モデルとして設定された今回の特別仕様車は、外装にスパッタリング塗装の18インチ・アルミホイールを特別装備(2WD)するとともに、ダークメッキのフロントバンパーモールを採用し、洗練された上質感を演出。ボディ色は、ホワイトパールクリスタルシャイン(オプション)、シルバーメタリック、プレシャスブラックパール(オプション)の3色を設定した。

インテリアはブラックとレッドを配色したアルカンターラ+合成皮革シート表皮と、レッドを配色したソフトレザードアトリム表皮を採用。さらに、本革巻き4本スポークステアリングホイール、シフトブーツ、インサイドドアグリップ、フロントコンソールボックスなどにレッドステッチを施すことで、スポーティさを強調している。

また、駐車時の接触や衝突の回避に貢献する「クリアランスソナー&バックソナー」を標準装備している。

【価格(税込)】

  • マークX 特別仕様車 250S“Final Edition”
    4GR-FSE(2.5L) 2WD(FR) 6 Super ECT:333万1800円
  • マークX 特別仕様車 250S Four“Final Edition”
    4GR-FSE(2.5L) 4WD 6 Super ECT:348万9480円

トヨタ マークX 関連記事
トヨタ 関連記事
トヨタ 公式サイト