NBA選手たちがデイミアン・リラードの決勝ショットを賞賛!!

©楽天株式会社

多くのNBA選手たちが、デイミアン・リラードの決勝ショットを賞賛するコメントを自身のSNSに投稿した

現地4月23日に行われたポートランド・トレイルブレイザーズとオクラホマシティ・サンダーのプレイオフ・ファーストラウンド第5戦は、ブレイザーズのデイミアン・リラードが決めた劇的なブザービーターで決着がついた。

115-115で迎えた第4Q(クォーター)最後のプレーで、リラードがステップバックして放った超ロング・3ポイントシュートは試合終了のブザーと共に綺麗にリングに吸い込まれた。この勝利により、ブレイザーズは4勝1敗でカンファレンス・セミファイナルへの切符を手に入れた。

リラードは、決勝ショットが決まったと同時にサンダーのベンチに向かって手を振った。その真意について、リラードは試合後に以下のように説明している。

「あれは最後の言葉だったんだ。締めくくりの一言だったんだ」

この日、リラードは球団のプレイオフ新記録となる50得点を決めた。コート中央のブレイザーズのロゴ付近から決勝ショットを決めたリラードは、サンダーのベンチに手を振ったあとにチームメイト全員に揉みくちゃにされ、超満員の観衆は「MVP! MVP!」という大合唱を贈った。

この試合で、リラードはNBAプレイオフ史上2番目に多い10本の3ポイントシュートを決めた。

試合終了と同時に、多くの現役選手やレジェンド選手たちが、リラードの決勝ショットを賞賛するコメントをSNSに投稿した。その幾つかを以下に紹介しよう。

CJ・マッカラム(ポートランド・トレイルブレイザーズ)
「今まで一緒にプレーした中で最もクレイジーな試合だった。シリーズの勝ち抜けを決める試合で、決勝のロング・スリーを含む50得点を決めるなんて!」

ドノバン・ミッチェル(ユタ・ジャズ)
「Disbelief(信じられない)」

トレイ・ヤング(アトランタ・ホークス)
「DAME FOR GAME(デイムが試合を決めた)」

ドレイモンド・グリーン(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)
「なんてことだデイム!ワオッ!」

リッキー・ルビオ(ユタ・ジャズ)
「なんてショットだ。凄いパフォーマンスだ。シリーズを通してね。真のバスケットボール選手に敬意を表するよ。100点」

アレン・アイバーソン(レジェンド)
「God DAME!!!(凄いぜデイム!!!)」

1

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.