サムスンの完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds」は5月下旬発売

©株式会社 音元出版

サムスン電子ジャパンは、完全ワイヤレスイヤホンの新モデル「Galaxy Buds」を全国の家電量販店、主要ECサイトにて、2019年5月中旬より予約開始、5月下旬に発売を開始する。日本販売価格は現時点で発表されていない。カラーはブラック、ホワイト、イエローの3色。

「Galaxy Buds」(ブラック)

サムスングループのイヤホン/ヘッドホンブランド AKGのサウンド技術を採用することで、繊細で広々としたリスニング体験を実現したとする完全ワイヤレスイヤホン(関連記事)。海外では3月8日に、129.99ドルで発売されることがアナウンスされていたが、その日本発売が正式に告知された格好だ。

「Galaxy Buds」(ホワイト)
「Galaxy Buds」(イエロー)

本体は最大6時間の音楽再生が可能で、充電ケースと併用することで最大13時間の音楽再生に対応する。またイヤホン本体へのクイックチャージにも対応し、15分の充電で1.7時間の再生が行える。

電ケースをワイヤレス充電器に置くだけで充電が可能。スマートフォンやタブレットの近くでケースを開くと、自動的にペアリングのポップアップを表示し、デバイス同士の接続移行もスムーズに行える。

また、Ambient Soundモードを用いれば、周囲の環境音をクリアに聴き取りつつ同時に音楽を楽しむことができるとしている。さらに、左右イヤホンそれぞれの内側/外側に配置したマイクについても強化しており、騒音下でも声を明確に集音できるとのこと。

ほか、サムスンの音声認識技術「Bixby」とも統合されており、スマートフォンを操作することなくBixbyを呼び出すこともできる。本体は着用感にもこだわり、人間工学に基づいて設計されたウイングチップとイヤーチップを組み合わせることで、あらゆるユーザーの耳にフィットするとアピールされている。

Bluetoothは5.0に対応し、オーディオフォーマットはAAC、SBC、およびサムスン独自のスケーラブルをサポートする。