昭和、平成、そして令和へ続く伝統の味!白石うーめん(白石区役所)

©株式会社サンケイリビング新聞社

いよいよ2019年5月、元号が令和へと変わります。

新しい時代の幕開けですが、変わらない伝統の味も、白石にはあるのです。

それは…

白石温麺(うーめん)!

うーめんとは素麺の一種で、宮城県白石市の特産品。

なんと400年前から受け継がれている味なのです。

油を使わない独特の製法で、お腹にやさしく、高齢者から小さなお子さんまで幅広い層に愛されてきました。

保存料や添加物を使用せず、長さも9㎝と短く、つゆはねが少ないのも魅力のひとつ。

白石区役所の食堂では、白石区の前身・旧白石村の開拓で関係の深い宮城県白石市の名物うーめんを昭和の時代からメニューにのせていました。

平成となり、白石区役所の複合庁舎が新築されても、メニューからうーめんは消えませんでした。

私も、旧白石区役所の時代からの「うーめん」ファンのひとり。

先日、平成最後の食べ納め(?)に足を運びました。

出典:リビング札幌Web

2年前に新築された白石区複合庁舎。近代的な雰囲気です。

6階に食堂があります。

出典:リビング札幌Web

多彩なメニュー!どれも美味しそう。リーズナブルな価格も魅力。

(撮影してるワタシもうっかり映り込んでます★)

出典:リビング札幌Web

食券を購入するシステムは、旧区役所時代と同じ。

出典:リビング札幌Web

広々として清潔感のある店内。

食券を出して待つこと10分。。。

待ってました!うーめんの登場!

出典:リビング札幌Web

鶏肉やおもち、しいたけ、たまご。。。素朴だけど栄養バランス抜群。

これで580円は安いと思います♪

息子も幼い頃から大好きな味でした。2人でよく食べにいきました。

実はこのうーめんは、1階の売店でも購入できます。

出典:リビング札幌Web

3個で150(税込)円と、お財布にやさしい価格♪♬

出典:リビング札幌Web

ゴールデンウィークに息子が帰省したら、懐かしい味を我が家で再現してみるつもり。

地下鉄白石駅直結の白石区複合庁舎で、手軽に食べられる伝統の味【うーめん】

令和になっても、末永く愛されてほしいと願わずにはいられません。

「札幌市白石区役所食堂」札幌市白石区複合庁舎6階

札幌市白石区南郷通1丁目南8‐1 月曜‐金曜 11時15分‐17時45分(土日祝・年末年始除く)