カージナルスが同地区ライバルとの3連戦をスイープ

©MLB Advanced Media, LP.

【ブリュワーズ2-5カージナルス】@ブッシュ・スタジアム

カージナルスは地区優勝争いのライバルと目されるブリュワーズに5対2で勝利し、本拠地ブッシュ・スタジアムでの3連戦をスイープ。連勝を5に伸ばして地区首位をキープし、2位のパイレーツとのゲーム差を2に広げた。先発のアダム・ウェインライトが初回にエリック・テームズに5号先制ソロを浴びたものの、4回裏に4点を奪って逆転に成功。ウェインライトは6回86球を投げて被安打4、奪三振3、与四球1、失点1と好投し、今季2勝目をマークした。ブリュワーズは幸先よく先制したが、先発のヨーリス・チャシーンが2本塁打を浴びて4回4失点で降板。打線も5安打2得点と元気がなく、4連敗となった。

1点ビハインドの4回裏、カージナルスはチャシーンに対してポール・ゴールドシュミットとポール・デヨングの連打で無死一・二塁のチャンスを作り、マーセル・オズーナがレフトスタンドに9号3ランを叩き込んで逆転に成功。一死後、ヤディアー・モリーナも左中間への2号ソロを放ち、リードを3点に広げた。その後はなかなかチャンスを生かせなかったものの、7回裏一死満塁からホゼ・マルティネスのショートゴロの間に1点を追加。4点リードの最終回、4番手のアンドリュー・ミラーが押し出し四球で1点を失ったが、最後はクローザーのジョーダン・ヒックスが代打のクリスチャン・イェリッチを空振り三振に仕留めて試合を締めくくった。