ロ朝首脳がウラジオで初会談

朝鮮半島問題の調整に意欲

©一般社団法人共同通信社

写真撮影に応じる北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)とロシアのプーチン大統領=25日、ロシア・ルースキー島(AP=共同)

 【ウラジオストク共同】ロシア訪問中の北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は25日、極東ウラジオストクでプーチン大統領と初の首脳会談を行った。2月の米朝首脳会談決裂を受け、今後の非核化交渉の進め方や朝鮮半島の平和体制構築について意見交換。北朝鮮への人道支援も協議する見通しだ。

 固く握手した後、会談を始めた両首脳は朝鮮半島問題の調整やロ朝関係強化に取り組む意欲を示した。

 プーチン氏は経済・人道分野での協力の可能性に言及し、南北対話と対米関係の正常化に向けた金正恩氏の努力を歓迎、ロシアとしての貢献策を検討する意向を表明した。