中国銀行頭取に加藤専務 宮長氏は会長に

©株式会社山陽新聞社

中国銀行本店

 中国銀行(岡山市北区丸の内)は25日、加藤貞則代表取締役専務(61)が代表取締役頭取に昇格するトップ人事を発表した。宮長雅人代表取締役頭取(64)は代表権を持たない会長に就く。6月下旬開催予定の株主総会後の取締役会で正式決定する。トップ交代は8年ぶり。

 宮長氏は2011年に第9代頭取に就任。18年からは岡山経済同友会代表幹事も務める。人口減と低金利という逆風の中、ベンチャー企業育成など新たな収益源の開拓に着手。人材育成や協調融資など、他県の地銀との連携も進めた。

 加藤氏は1981年入行。システム部長、人事部長、常務などを経て2017年6月から現職。