竹島宏さん、新曲振り付けを披露

©株式会社福井新聞社

新曲「噂のふたり」をPRし、振り付けのポーズを決める演歌歌手の竹島宏さん=福井県福井市の福井新聞社

 甘いマスクで“演歌界のプリンス”と人気の福井県福井市出身の歌手、竹島宏さん(40)が、22枚目の新曲「噂のふたり」のPRのため地元の福井新聞社を訪れた。秘めた恋心をノリの良い曲に乗せ、コミカルな振り付けとともに歌っており「若い世代の人も一緒に踊って楽しんで」とアピールした。

 新曲は、松井五郎さん作詞、都志見隆さん作曲・編曲で、3月に発売。「どうする どうしよう もう 噂になってる」と繰り返し、耳の後ろで手を広げたり口に人さし指を当てたりと、まねしやすい振りが取り入れられており、つい体が動く「踊らされる歌謡曲」と銘打った。

 前作で初めて歌いながら振り付けのダンスを披露しファンを驚かせた。ただ苦手意識もあって、「(ダンスは)これで終わり」と公言していたという。

 今作は踊る予定はなかったが、歌入れの後「今までにない明るい曲調で、踊るしかなくなった」と笑う。最近は演歌にとどまらずに音楽活動しており、「今年7月でデビュー17年。やっと歌を楽しむ余裕ができた。いろんな歌に挑戦したい」と意欲的。「夢はもっとレベルアップして紅白歌合戦に出られるようになりたい」と話していた。

 カップリング曲を変えたA、B盤と、ミュージックビデオを収録したDVD付きのC盤があり、いずれも1204円(税別)。