ジャニーズWEST・藤井流星が奇跡を起こす!? ラストに衝撃の展開が!!

©株式会社東京ニュース通信社

4月26日放送のフジテレビ系バラエティー「全力!脱力タイムズ」(金曜午後11:00)では、ジャニーズWESTの藤井流星とお笑い芸人の平成ノブシコブシ・吉村崇をゲストに迎え、新しい元号の始まりにちなみ“新時代に残したい匠(たくみ)の技”を特集する。

同番組は世界各地の最新ニュースや日本で論点となっている問題を、有識者たちが独自の視点から読み取り、思わず“脱力”するような切り口で解説する新感覚ニュースバラエティー。平成も残りわずかということで、ゲストの吉村のコンビ名“平成ノブシコブシ”について話題が及ぶと、全力解説員の面々と藤井は吉村のために新しいコンビ名を提案する。しかし、5月1日以降のコンビ名が勝手に決められて、吉村は困惑してしまう。

そして、“匠の技”について議論を開始。武術や芸術など、厳しい修業を積んだ匠によって受け継がれてきた日本が誇る技術の数々だが、一方で後継者不足という問題も持ち上がっている。番組では失くしたくない日本の技を紹介し、日本古来の技術を持つ匠たちがスタジオで技を披露する。

最初に登場した気功の匠は、手を触れずに気功で相手を吹っ飛ばす技を披露。その光景を目の当たりにした一同は驚く。すると、匠の技を見ているうちに解説員の齋藤孝が“覚醒”。さらには藤井もジャニーズらしいミラクルを見せる。スタジオは盛り上がるものの、吉村は脱線していく一同に対して暴言連発でほえまくる。

藤井は「笑わないでいられる自信があったのに、我慢できませんでした。今はとにかく、ラストの衝撃が頭から離れないです。平成最後の『脱力タイムズ』に出させてもらって、こんな伝説的な回に立ち合えたのが、めちゃくちゃうれしいです」と喜び。過去にジャニーズWESTからは桐山照史や小瀧望も出演しているが、「2人の出た回はもちろん見ていますし、僕にとってはいつも見ている番組でもあるんです。シュールな感じが大好きで。その中でも、今回は神回になったんじゃないですか」と手応えを感じている。