平成のなごり雪

©株式会社ウェザーマップ

「なごり雪」には、「春に入ってから降る雪」と、「春になっても消え残っている雪」の2つの意味があります。昭和の名曲「なごり雪(伊勢正三作詞・作曲)」は、明らかに前者です。
気象用語に「なごり雪」という言葉ありませんが、対応する言葉というと、「終雪(冬のシーズンで最後に降る雪)」になります。
連休初日の4月26~27日には、日本上空に北から強い寒気が南下してきますので、北海道や東北から北陸の山沿いでは、「平成のなごり雪」の可能性があります。
気温が高い日が続いた後なので、季節外れ感が強い雪ですが、気象情報等に注意し、スタッドレスタイヤで安全運転に心がけてください。

気象予報士・饒村 曜

画像について:図 ゴールデンウィーク初日の朝の雨と雪の分布予想(4月27日6時の予想)