日銀、金融緩和の継続を明確化

黒田総裁「かなり長い期間」

©一般社団法人共同通信社

記者会見する日銀の黒田総裁=25日午後、日銀本店

 日銀は25日の金融政策決定会合で、政策金利の先行き指針を修正し、現在の大規模金融緩和策による超低金利を「少なくとも2020年春ごろまで」続けると明確化した。黒田東彦総裁は記者会見で、低金利は「20年春よりもっと長くなる可能性も十分にあり、かなり長い期間であると明示した」と説明。10月の消費税増税による悪影響を見定めるまで、景気を下支えする考えを示した。

 決定会合後に公表した「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」では、新たに示した21年度の物価上昇率の見通しが1.6%にとどまった。黒田氏は「21年度中に(目標の)2%に達する可能性は低い」と分析した。