【卓球】張本、韓国の若手に惜敗 ベスト16で大会終える<世界卓球2019>

©株式会社ピンポン

写真:張本智和(木下グループ)/撮影:田村翔(アフロスポーツ)

<2019世界卓球選手権大会・個人戦(ハンガリー・ブダペスト) 2019年4月21日~4月28日>

25日、世界選手権の男子シングルス4回戦が行われ、張本智和(4月度世界ランキング4位・15歳)=木下グループ=が安宰賢(同157位・19歳)=韓国=に惜しくも敗れ、ベスト16で大会を終えた。

安は1回戦で実力者の黄鎮廷(同14位・27歳)=中国香港=を破るなど、勢いのある韓国の若手選手だ。張本は第1ゲーム、安の勢いに押されてリードを許す。チキータを待たれ、ラリーでも的確にミドルを狙われるなど、7-11で第1ゲームは落とした。

第2ゲームに入り、本来の張本らしいプレーが出始める。待たれていたチキータストップに変え、ラリーでも逆にミドルを狙って11-3で相手を圧倒した。8-8までサーブを持った方がポイントを取るというシーソーゲームの展開になった第3ゲーム。安の強気な攻撃を防ぐことができず、張本はここから3連続失点でゲームを失った。

続く第4ゲームも安が足を使って積極的に攻めてくる。守りに入る展開が多くなった張本はこのゲームも奪われ、後がなくなった。

焦りが見えていた張本であったが、第5ゲームの後半からは積極的なプレーが出始める。チキータバックハンドでの強打などが決まり、11-8でゲームを取得した。しかし、張本の反撃もここまで。第6ゲームは9-9の場面から相手が連続サービスエース。最後は張本の強気のフォアフリックが無情にもオーバーミス。張本の2度目の世界卓球個人戦のシングルスはベスト16で幕を閉じた。

試合後の張本智和コメント

試合後、張本は「試合前の練習からチキータのミスが多く、修正できぬまま試合に入ってしまった。いつもは1ゲーム目が終わると緊張がとれるが、この試合はずっと緊張したまま。向かっていこうとしたが、向かって行けなかった部分がある。過去に世界ジュニアで対戦したことがあり、そのときよりもミスが少なく強くなっていたが負けてはいけない相手。おそらく東京(五輪)に出てこない選手に負けてしまい、今は何も考えられない」と目をうるませながらコメントした。

試合のスコア

<男子シングルス 4回戦>
張本智和 2-4 安宰賢(韓国)
7-11/11-3/8-11/7-11/11-8/9-11

文:ラリーズ編集部