同友会の新代表、提言実現に行動

桜田謙悟氏、発信力を強める意向

©一般社団法人共同通信社

インタビューに答えるSOMPOホールディングスの桜田謙悟社長

 経済同友会代表幹事に26日就任するSOMPOホールディングスの桜田謙悟社長(63)がインタビューに応じ、「ルートを開拓し、しっかりと働き掛ける」と述べ、政府などに提言した政策の実現に向け、積極的に行動する考えを明らかにした。増え続ける社会保障費に強い危機感を示し、財政再建に向け将来を担う若い世代の意見を取り入れ、発信力を強める意向も示した。

 また、選挙で特に若い世代の投票率が低いことに懸念を表明。財政問題を解決し「いてほしい国、いなくてはならない国」を目指すために、高校生や大学生を含む若い世代が議論に参加し、発信する仕組みを作ることに意欲を示した。