第38回洞爺湖ロングラン花火大会が28日に開幕

©株式会社室蘭民報社

 第38回洞爺湖ロングラン花火大会が28日、洞爺湖温泉の湖畔で開幕する。10月31日までの毎夜450発の大輪が打ち上がる。時間は午後8時45分から約20分間。荒天の場合は中止する。

 同大会は、1982年(昭和57年)に始まった。毎年大型連休に合わせてスタートする大人気企画。洞爺湖沖合を打ち上げ船が移動しながら、スターマインや水中花火などを迫力満点の光の芸術で夜空を彩る。昨年の胆振東部地震による全域停電(ブラックアウト)時も中止せずに打ち上げ、被災地や震災の影響で沈む温泉街に元気を与えた。

 期間中のサマーフェスタ(7月20日)に「とうや」の語呂に合わせて108連発を予定。今年も1玉が直径400メートル、高さ150メートルの「大玉水中花火」の5連発を秋ごろに予定している。

 問い合わせは主催する洞爺湖温泉観光協会、電話0142・75局2446番へ。(奥村憲史)

【写真=毎夜450発の大輪が洞爺湖温泉街を照らすロングラン花火大会=昨年の様子】