巨人のマシソン、打撃投手初登板

「ここまで順調に来ている」

©一般社団法人共同通信社

 感染症にかかった影響でキャンプに参加できなかった巨人のマシソンが26日、川崎市のジャイアンツ球場の室内練習場で行われたフリー打撃に打撃投手として初登板した。育成選手を相手に40球を投げ、最速は146キロ。「ここまで順調に来ている」と手応えを感じた様子だ。

 もう一度、打撃投手を務め、5月上旬にファームで実戦登板したい意向。「できる限り早くファームで復帰して、自分の枠を勝ち取りたい」と話した。