ルノー、持ち株会社提案へ

日産は統合拒否、長期戦に

©一般社団法人共同通信社

記者会見するルノーのジャンドミニク・スナール会長(左)と日産自動車の西川広人社長兼CEO=3月、横浜市の日産自動車本社

 フランス自動車大手ルノーが企業連合を組む日産自動車に対し、共同持ち株会社を設立する形での経営統合案を近く正式に提示することが26日、関係者への取材で分かった。統合の実現に向け具体的な動きに出る。ジャンドミニク・スナール会長を日産の取締役会副議長に置き、最高執行責任者(COO)以上の地位を求めないことでは日産と折り合った。日産は統合案を拒否する構えで、駆け引きは長期化する見通しだ。

 統合案では、共同持ち株会社の傘下に日産とルノーが入る。三菱自動車は現状と同じく日産傘下にとどまる。ルノー側はできるだけ早期に日産との協議を開始したい意向だ。