JR北海道、営業赤字最大を更新

5期連続、地震で運賃収入減収

©一般社団法人共同通信社

 JR北海道が26日発表した2019年3月期連結決算は、昨年9月の北海道地震による運賃収入減少が響き、本業のもうけを示す営業損益は418億円の赤字(前期は416億円の赤字)だった。連結決算の公表を始めた00年3月期以降、営業赤字が続き、5期連続で赤字の最大額を更新した。

 来年5月の札沼線の一部廃止に伴い、沿線自治体に拠出する代替バス運行費用や鉄道設備の撤去費として計30億円を特別損失に計上した結果、純損益も179億円と最大の赤字となった。売上高は1710億円で前期から27億円減った。