武器貿易条約の署名撤回

トランプ氏「銃権利侵害」

©一般社団法人共同通信社

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は26日、オバマ前政権による2013年の武器貿易条約(ATT)への署名を撤回すると発表した。中西部インディアナポリスで開かれた全米ライフル協会(NRA)の年次大会で演説し、ATTが合衆国憲法修正第2条が認めた銃所持の権利を「踏みにじる」と主張し「米国の主権を絶対に放棄しない」と強調した。

 銃規制に反対するNRAは有力なロビー団体で、ATTにも反対してきた。署名撤回によりトランプ氏は来年の大統領選再選に向けて支持固めを狙った。16年大統領選でもトランプ氏はNRAの支持を受けている。