福井新港でチヌ好調

©株式会社福井新聞社

片岡さんが釣り上げた、56センチのイシダイ

【福井新港】チヌが好調。左防や三国突堤などで高確率。朝方が狙い目。一時は渋かったアジも復活した。パイプライン先端で昼間に50匹オーバー。30センチを超すサイズも。岩場はうすい。

【越前海岸】茱崎で48.5センチのヒラメがルアーで。鷹巣から敦賀までの範囲でキスがぼちぼち。三国の河口周辺では、型は小さいが30匹。遠投しなくても釣れる。松島で、福井市の片岡宏暢さんが56センチのイシダイ=写真。

【嶺南】和田、高浜の両漁港周辺でチヌ。フカセ釣りで多くて16匹の釣果。朝夕まずめに和田漁港や音海の堤防で、ルアーのサゴシ。50センチ前後。沖ではマダイが釣れ出し、それにともなってイサキがぽつぽつ。小浜周辺は渋い。

【河川】サクラマスは釣れはするが、田のにごり水が混じり厳しくなってきた。ハイシーズンは終了の模様。

【沖合】三国沖のマダイ、ブリが調子が良い。マダイは水深50~80センチの浅瀬でも。ジギングで10キロ前後はかたい。