小さすぎて可愛いフランス「リシャール」のミクロ・マカロン

©株式会社オンエア

フランスではパリやリヨンなどに店舗展開する、ショコラティエ・パティシエ「リシャール(Richart)」。フランスのお土産にピッタリの「Paris」や「Lyon」とデザインされたチョコレートやパート・ド・フリュイと呼ばれるフルーツ果汁でできたゼリー状のお菓子など、さまざまな商品を販売しています。このお店で目を引くのが、小さな一口サイズのマカロン。定番の甘いマカロンのほか、「Salé(塩味)」というマカロンもあります。

小さな「ミクロ・マカロン」がたくさん並ぶ

リシャールでは、定番サイズのマカロンのほかに小さいサイズの「ミクロ・マカロン」という商品があります。小さな小箱に入って売られているマカロンは、引き出しタイプのパッケージや横に並んで入っているタイプなどが選べます。

甘いマカロンと塩味マカロンの2種類あり、さらに味が何種類もあります。塩味マカロンはチーズをベースにしているものが多く、パルメザンやブルーチーズをベースに肉のパテが混ざったものやキノコ風味のものも。マカロンの生地自体は甘いので、甘じょっぱさを楽しめます。サクサクとしたマカロンの食感と甘さ、その中にチーズなどのまったり感あり、発砲のお酒に合いそうな感じです。

大きさは、手でつまんで女性でも一口で食べられるサイズ。サクッと食べられるので、食前のおつまみに丁度いい感じです。手も汚れないので、お土産にしてオフィスでみんなでシェアするのにも便利そう。甘いマカロンは、チョコレートやピスタチオ、コーヒー、ベリー系などの定番から、バラやサクランボ・ラベンダーなどの珍しい味も。購入する際に店員さんに言うと、中に入れるマカロンを自由に選ぶこともできます。

真っ白なかわいいパッケージは特別なお土産に

ミクロ・マカロンは12個入りで11,10€。パッケージは真っ白な箱に白いリボンがあしらわれ、ちょっと特別なお土産やお持たせとして重宝しそうな感じです。他にも簡易パッケージはありますが、この白い箱も追加料金なく選ぶことができます。

ショコラティエ・パティシエ「リシャール(Richart)」

[ベルクール店]

Richart(リシャール)は、リヨンのクロワルッスという地区に1925年に誕生したチョコレート工房で、当時は工房からお客様に直接商品を届けていました。最初に店舗オープンとなったのが1987年。パリのサンジェルマン地区に白を基調としたブティックを開店しました。その後リヨンにも店舗をオープンし、現在ではパリに2店舗リヨンに3店舗のほかフランス国内に計7店舗あります。

【リシャール(Richart)】

[パリ6区(サンジェルマン・デ・プレ)]

住所: 27 rue Bonaparte 75006 Paris

TEL: 01 56 81 16 10

営業時間: 10:00~19:00

[リヨン2区(ベルクール)]

住所: 1 rue du Plat 69002 Lyon

TEL: 04 78 37 38 55

営業時間: 10:00~13h30、14:00~19:00

定休日: 日曜日

その他のフランス国内店舗は、リシャール(Richart)公式サイト(フランス語)でご覧いただけます。

[all photos by minacono]

Please do not use the photos without permission.