[ALEXANDROS] 川上洋平「行きたい大学が決まらない」受験生にアドバイス

©ジグノシステムジャパン株式会社

[ALEXANDROS]の川上洋平が、TOKYO FMのレギュラー番組に出演。春から受験生だという17歳の女子リスナーの相談を取り上げ、直接電話でアドバイスしました。
(TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! アレキサンドLOCKS!」4月23日(火)放送分)

アクエリアスのCMソングを担当します!

川上:もしもし! 何か、悩み事があるそうですが……。

リスナー:高校3年生なんですけど、行きたい大学がまだ決まってないんです。将来やりたいことも決まってないので、どうやって大学を決めたらいいのかなって……。

川上:そうか。俺も「この大学に行きたい!」って特に無かったよ。バンドでデビューしたいってことだけは決まってたけどね。だから、逆に大学はどこでも良かったっていうのがあるかもしれない。それで塾の先生に相談したら、「ここの大学だとバンドでデビューしようっていう人、少ないと思うよ」って教えてくれて、ミュージシャンを輩出してる大学で何となく目に付いたのが、(進学した)青山学院だったんですよ。Dragon Ash先輩とかサザン先輩もそうですし。「じゃあ、ここじゃね?」っていう軽いノリで決めました(笑)。でも結局10校くらい受けたかも。慶応も受けたよ。早稲田も。

リスナー:えっ?

川上:早稲田は社会科学部。受かりましたよ。行かなかったけど(笑)。あと専修大学と上智大学も受けましたね。今出した大学で気になる所ある?

リスナー:上智はいいかなぁって思っています。

川上:好きな科目とかある?

リスナー:英語です。全然喋れないんですけど。

川上:そんな感じでいいと思うよ。「私はこういう風になりたいから、この大学を選びました」って、決まってないなら無理に決める必要もないと思う。それを決めるために大学に行くのもいいと思うよ。

リスナー:そうですよね。

川上:選択肢は多いほうが良いと思うから、(リスナーが)ちょっと頑張れば届くなっていう大学に行ってから、決めるほうが良いと思う。「まあいいや。将来のことは、大学に入ってからで」って決め込んで受験に集中したほうが、まず第一歩、他の人より進めるかもしれないよね。

リスナー:はい。

川上:もちろん将来も決め込んで挑むほうが、挑みやすいかもしれないけどね。頑張りがいもあるしさ。

リスナー:そうですね。

川上:でもまずは、「大学のワクワク感に憧れて行くんだ」くらいの感じで良いと思う。だって仕事ってめちゃくちゃいっぱいあるからね。「こんな仕事もあるんだ」というのは、大学に入ってOB訪問したりバイトしたら分かるし。ここで無理やり決めて、後で「やっぱ違ったかも」って思うよりは、ふんわりしてる部分は後でとっておこうよ。

リスナー:はい。

川上:受験生ですから、気合い入れて頑張ってください。

リスナー:はい! 頑張ります!

川上:受験生が終わるまでライブに来れないよね? 来年、胸張って来れるように祈ってますから!

リスナー:そのために頑張ります!!


【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年5月1日(水)AM 4:59 まで

スマートフォンでは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員に登録の上ご利用ください。


<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:とーやま校長、あしざわ教頭
放送日時:月~木曜 22:00~23:55・金曜 22:00~22:55
番組Webサイト ⇒ http://www.tfm.co.jp/lock/