キュレーション一覧ウィジェットを利用する

©ノアドット株式会社

高橋 理恵

森勇人

高橋 理恵

ノアドット株式会社

東芝でSIerを3年経験し、2005年にヤフー入社。法人向けサービスの営業、Yahoo!ニュースのビジネス開発の業務を担当。ノアドット事業の立ち上げに関わり設立とともに出向し、2017年秋にノアドットに転職。現在は主にインサイドセールス、カスタマーサポートの業務を担当。クアラルンプール在住。

高橋 理恵の記事一覧を見る

森勇人

ノアドット株式会社

IDGジャパンでコンピュータ雑誌の編集者を経て、2004年にヤフー入社。ヤフーでは編成部門のち、企画部門にて「R25」「X BRAND」のサービス責任者を務める。その傍らnor.事業の立ち上げにも関わり、ジーニー社を経てノアドット社にジョイン。広告業務を中心に売上全般の管理を行っている。

森勇人の記事一覧を見る

「キュレーション一覧ウィジェット」機能を使うと、「キュレーションを作成する」の操作でキュレートした記事の一覧を、自身のブログやウェブサイトから簡単に配信できます。

キュレーション一覧ウィジェットは、nor.が用意する埋め込みコードを、ブログやウェブサイトのHTMLに追記するだけで利用可能です。
埋め込みコードは、下記の方法でコピーできます。

1. CMSのトップページで、左枠にある「キュレーター・ユニット」の一覧から任意のユニットを押します。

2. 当該ユニットのページが表示されるので、「キュレートした記事」を押します。

3. 「キュレートした記事」ページ右上にある「...」アイコンを押すと表示される 「Copy embed code」ボタンを押します。

コピーした埋め込みコードは、以下の内容で構成されます。

<div class="nordot-curation" data-curator-unit-id="(キュレーター・ユニットのID)" data-show-title="false" data-design-type="card"></div><script async src="https://this.kiji.is/widgets/widgets-2.1.0.js" charset="utf-8"></script>

「data-curator-unit-id」属性の「(キュレーター・ユニットのID)」の値は自動的に含まれているため、埋め込みコード自体を触る必要はありませんが、divタグ内に含まれる残り2つ

  • data-show-title
  • data-design-type

を含む各種data属性を指定することで、より自身のウェブサイトのデザインに合致したウィジェットの見栄えを実現できます。指定可能なdata属性はこちらのPDFファイルで確認できます。

ぜひご活用ください。

「data-target」属性の値に「_modal」を指定する場合の追加設定

モーダルウィンドウで記事を表示する際、広告配信が正しく行われて収益を確実に受け取っていただくために、必ず別途「モーダルオプションを利用する」の「1. ads.txtを更新する」の設定を行ってください。

また、ウィジェット機能で「data-target」属性の値に「_modal」を指定するだけでなく、ウィジェット機能とは別にモーダルオプション機能も同一ページ内で併用する場合には、「モーダルオプションを利用する」の「ウィジェット併用時の注意」をご確認ください。

複数のウィジェットを設置する場合の注意

もし、複数のウィジェット(「キュレーション・ウィジェット」「記事一覧ウィジェット」を含む)を設置する場合は、埋め込みコードに含まれる<script>タグが</body>タグの直前に1つのみ記述されるようにしてください。複数の<script>タグがあると、正しく動作しないことがあります。

正常に動作しない場合

もし、正常に動作しない場合は、コピーした埋め込みコードのうち、<script>タグのほうだけを</body>タグの直前に移動させてみてください。DOM構築前の実行を避けるために有効な場合があります。