鷹千賀4戦連続2桁11Kで首位! 楽天は初3連敗、オリ最下位…27日パ・リーグは?

©株式会社Creative2

ソフトバンク・千賀滉大【写真:藤浦一都】

日ハム斎藤佑また無失点 ロッテ連敗3ストップ、西武は乱打戦制して3位タイ浮上

 パ・リーグは27日、各地で3試合が行われた。

 ソフトバンクは札幌ドームで行われた日本ハム戦で5-1で快勝。単独首位に浮上した。先発の千賀が7回6安打1失点。4試合連続2桁となる11三振を奪い、2勝目を挙げた。打線は初回に松田宣の左前適時打で先制。2回に川島、牧原の連続適時打、3回にはデスパイネの左越え3号ソロと効果的に得点を挙げた。日本ハムは上原が3回途中4失点でKO。中田が7回に左越え4号ソロを放ったが、反撃が遅かった。連勝は2で止まり、勝率5割に逆戻りとなった。なお、8回から4番手として救援した斎藤佑は2回1安打無失点。20日の1軍再昇格後は計3イニング無失点となった。

 ロッテは楽天生命パークで行われた楽天戦で6-5で競り勝ち、1分けを挟んだ連敗を3で止めた。初回にレアードの2点二塁打で先制。2回には清田の1号ソロ、中村奨と井上の連続適時打で3点を加えた。先発のボルシンガーが5回途中5失点と乱れて同点とされたが、2番手以降の救援陣が無失点に抑えて奮闘。5-5で迎えた9回2死三塁で、井上が守護神の松井から勝ち越し適時打を放って試合を決めた。5番手の唐川が今季初勝利、益田が5セーブ目。楽天は今季初の3連敗で2位に転落した。美馬が5回5失点。茂木の3号2ラン、ブラッシュの3号ソロ、浅村の5号ソロと一発攻勢を見せたが、6回以降は打線がつながらなかった。最後は頼みの守護神・松井が崩れた。

 西武は京セラドームで行われたオリックス戦で11-7で乱打戦を制して3連勝。勝率5割に復帰した。初回に山川、森の連続適時打など4連打で2点を先制。同点に追いつかれた3回には森の適時二塁打、外崎の左越え4号2ランで3点を勝ち越した。再び同点とされた7回には山川、森の連続適時打などで3点を奪って試合を決めた。17安打11得点の猛攻だった。日本ハムに並んで3位タイに浮上した。オリックスは打線が11安打7得点したものの、投手陣が振るわなかった。2連敗で最下位に転落した。(Full-Count編集部)