石原さとみ降板で指原莉乃!? 大胆変更のCMに「なぜ」「同格なの?」

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

石原さとみ

(C)まいじつ

花王のヘアスタイリングブランド『リーゼ』のイメージキャラクターに、『HKT48』の指原莉乃が起用された。この起用を巡り、ネット上では疑問の声が上がっている。

指原の出演するCMは4月29日より全国でオンエアされるが、ネット上では一足先に公開中。「リーゼ」を駆使して、指原がシチュエーションごとにさまざまな髪型を披露。「今日はどんなジブンと出会っちゃう?」と視聴者に語り掛ける。

この起用にあたり、指原は、

《実は私、もともとリーゼをずっと使っていたのでお話を聞いたときは、とってもうれしかったです。リーゼを使うと、自分の幅が広がって「新しい自分」に出会える。そして、毎日がもっともっと楽しくなる。そんな風に感じる女の子がどんどん増えるように、私も頑張りたいと思います! 新しいリーゼを、よろしくお願いします!》

と喜びのコメントを発表。

 

CM業界内での“イイ女枠”に疑問の声

しかし、このニュースにネット上では、疑問の声が上がることに。実は、昨年の同商品のCMは、女優の石原さとみが担当していたのだ。そのため、

《ナゼ指原?》
《えっリーゼって前、石原さとみがやってたよね。なぜ次がこれ…》
《CM業界的には石原さとみと肩を並べる位置まで登ってきたということか》

などといった意見が寄せられている。

「指原は以前に、制汗シートのCMを本田翼から受け継いだこともあります。そして現在、その制汗シートのCMには、女優の浜辺美波が出演中。どうやらCM業界内での指原は、女性が憧れる清純派女優と同じ立ち位置にいるようです。しかし世間の反応をみると、明らかにポジションが違う。なぜここまで〝イイ女枠〟でCMに出演できるのか、かなり不思議ですね」(芸能記者)

他にも指原は、『マクドナルド』、『ほけんの窓口』、『からだすこやか茶W』など、幅広いジャンルのCMに出演中。『AKB』グループは、「NGT問題」で大騒動になっているが、指原の活躍は至って順調なようだ。