道路にロープ、バイク転倒

女性重傷、大阪・寝屋川の市道

©一般社団法人共同通信社

 29日午前2時半ごろ、大阪府寝屋川市成田南町の市道で、同市の新聞配達アルバイトの女性(77)がミニバイクで転倒し、左脚などを骨折する重傷を負った。幅約6.7メートルの道路にナイロン製のロープが張られており、引っ掛かったとみられる。寝屋川署は悪質ないたずらとみて、殺人未遂容疑などで捜査している。

 署によると、ロープはスーパーの駐車場敷地内にある鉄製ポールから道路の向かい側にある理髪店のサインポールを折り返し、再び元の鉄製ポールに結び付けてあった。スーパーの営業時間外に駐車場の出入りを規制するために使用されていたものとみられる。

 女性は出勤途中だった。