小久慈の桜、名所を再発見 久慈、住民がウオーキング

©株式会社岩手日報社

青空の下、桜の舞う道を歩く参加者

 久慈市小久慈町の住民有志による、地元の桜を生かした地域おこし活動が盛り上がっている。今春は新たに花見スポットを紹介するマップを作り、28日に桜並木を歩く桜ウオーキングを初開催。桜の名所として小久慈町の魅力をPRする。

 地域住民約15人が参加。普段あまり人が歩かない穴場を中心に、町内の桜群生地約3キロをウオーキングした。一部葉桜もあったが、青空の下に花びらが舞う道のりを歩いた。

 市のふるさと未来づくり事業の一環で、住民ら数人が結成した桜チーム(奥寺文夫リーダー)を中心に進めている。同チームによると、小久慈町では地元長内中の卒業記念や滝ダムの美化活動の一環で、地域住民が各所に桜を植えてきた。群生地が数多くあるが、知られていない場所も多い。