GWに野外シアター出現! 夜景をバックに無料で映画鑑賞できるよ~

©株式会社ジェイ・キャスト

横浜赤レンガ倉庫」と「MARINE&WALK YOKOHAMA」では、2019年5月1日から5日まで、みなとみらいの夜景を臨む開放的な空間で、無料で映画鑑賞が楽しめる野外シアターイベント「SEASIDE CINEMA 2019」が開催されます。

各日19時~上映

横浜赤レンガ倉庫が会場の「THEATER RED BRICK(シアター赤レンガ)」(神奈川県横浜市中区新港1-1)では、横浜赤レンガ倉庫やみなとみらいの夜景が一望できる、芝生の広がる赤レンガパークに約450 インチの特設スクリーンを設置。「米国アカデミー賞ノミネート記念 細田守監督作品特集」と題し、スタジオ地図全面協力の下、史上初となる細田守監督の歴代5作品の野外上映が行われます。

5日間は、細田守監督の名作を日替わりで上映。最終日には、第91 回アカデミー賞長編アニメーション映画賞にノミネートされ、昨年大ヒットした「未来のミライ」がラストを飾ります。上映スケジュールは以下の通りです。

・5月1日 「時をかける少女」(2006) 上映時間98分

・5月2日 「サマーウォーズ」(2009) 上映時間114分

・5月3日 「おおかみこどもの雨と雪」(2012) 上映時間117分

・5月4日 「バケモノの子」(2015) 上映時間119分

・5月5日 「未来のミライ」 (2018) 上映時間98分

MARINE & WALK YOKOHAMA が会場の「THEATER MARINE&WALK(シアター マリン&ウォーク)」(神奈川県横浜市中区新港1-3-1)では、みなとみらいの夜景と波の音を感じる海辺の特別なロケーションに特設会場を設置。今年は、シネマファンなら絶対に外すことができない、近年のミニシアター映画の傑作5作品をセレクトしています。

昨年話題となり、アカデミー賞脚色賞を受賞し、作品賞・主演男優賞・歌曲賞にもノミネートされた「君の名前で僕を呼んで」の国内初めての野外上映から始まり、多くのクリエイターからも愛される映画監督ウェス・アンダーソンの「ムーンライズ・キングダム」など、近年の映画界で話題を巻き起こした傑作たちが野外のスクリーンに映し出されます。

また「MARINE&WALK」では、映画をモチーフにしたスマホケースで有名な 「Panic Junkie」 の雑貨や、映画から連想する料理をつくる「cinemanma!(シネマンマ)」のオジリナルフード、シアタープロデュースチーム「Do it Theater」の野外シアター専用ラグなど、シネマ気分を盛り上げるスペシャルアイテムが勢揃いする 「M&W; シネマ・マーケット」も開催されます。上映時間まで、シネマな時間が過ごせますよ。開催時間は各日11時~19時(売り切れ次第、予告なしに閉店となる場合があります)。

上映スケジュールは以下の通りです。

・5月1日 「時をかける少女」(2006) 上映時間98分

・5月2日 「サマーウォーズ」(2009) 上映時間114分

・5月3日 「おおかみこどもの雨と雪」(2012) 上映時間117分

・5月4日 「バケモノの子」(2015) 上映時間119分

・5月5日 「未来のミライ」 (2018) 上映時間98分

各場所での上映時間はいずれも19時~。雨天・強風時は中止の場合があります。事前予約不要、飲食物の持ち込みは可能です。

当日はアウトドア用クッションや敷物、チェアなどを持参して、楽しんでみて (テントの設営は不可)。

その他詳細は公式サイトへ。