ハム王柏融、左ハムストリング張りで途中交代 トレーナー「大事を取りました」

©株式会社Creative2

日本ハム・王柏融【写真:石川加奈子】

先制適時打も代打送られ交代、球場内でアイシング治療

■ソフトバンク 9-6 日本ハム(29日・札幌ドーム)

 日本ハムの王柏融外野手が29日、本拠地ソフトバンク戦で左ハムストリング張りのため、途中退場した。

「5番・DH」で先発した王は初回2死一、二塁で東浜から先制の中越え2点適時二塁打を放った。3回の第2打席も中堅へ鋭い当たりを飛ばしていたが、1点を追う5回1死一、三塁の好機には代打・田中賢介が送られた。

 異変があったのは、第2打席に中飛を放って一塁へ走った時。谷ヘッドトレーナーは「張りを少し感じたということで、大事を取りました。(今後の対応は)明日以降の経過を見ながらになります」と説明した。この日は球場内でアイシング治療などを行った。(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)