グーグル、制裁で29%減益

1~3月、増収率17%に減速

©一般社団法人共同通信社

グーグルのロゴ(ロイター=共同)

 【サンノゼ共同】米IT大手グーグルの持ち株会社アルファベットが29日発表した2019年1~3月期決算は、欧州連合(EU)から科された制裁金の計上が響き、純利益が前年同期比29%減の66億5700万ドル(約7400億円)だった。減益は3四半期ぶり。

 売上高は17%増の363億3900万ドル。成長が減速し、増収率は15年7~9月期以来の低さだった。売上高の8割超を占める広告収入が15%増と伸び悩んだ。デジタル広告市場は、米フェイスブックやアマゾン・コムとの競争が激化している。

 クラウドサービスや人工知能スピーカーなどの事業は25%増で伸び率が縮小した。