必要なのは親の忍耐!?させる工夫が大変!未就学児の家庭学習どうしてる?

©株式会社サンケイリビング新聞社

出典:あんふぁんWeb

未就学児(6歳まで)の家庭学習、一番人気は「こどもチャレンジ」

あんふぁんWeb「ママニュースアンケート」で「未就学児の自宅での家庭学習」について聞いたところ、63%が家庭学習を行っていると回答。その中で一番人気の教材は、全体の45%を占めた「こどもちゃれんじ」。次いで、12%が「くもん」、11%が「学研」という結果に。

家庭学習の時間は、週に1時間以内が86%

家庭学習に要する時間は、週に30分以内が48%、30分〜1時間以内が38%という結果に。大半が1時間を目安に学習していることが分かります。中には2時間以上という人も。

出典:あんふぁんWeb

次に、家庭学習に取り組む上での悩みや困っていることを聞いてみると、気分のムラ、集中力が続かないこと、親の関与という声が。それぞれの声をまとめました。

もっとも多い悩みは、気分のムラがあること

■遊んで疲れてる時など、本人の気が乗らない時にこっちも気長に待つのが難しい。 (まんぷく、33歳)

■やる時とやらない時の差が激しい。少しずつ毎日取り組んでほしいです。 (コーギーラブ、38歳)

■うまくできないとき、取り組む前に難しそうと子どもが思ったときなど、すぐに投げ出そうとしてしまう。 (はるちゃん、44歳)

■できなかったらすぐに怒る。シールにつられているので、シールがないページはやる気がダウンします。 (ぴーちゃん、39歳)

■自由にやりたがるので、ルールに従ってやらせようとするのが難しい。 (くまとも、34歳)

■できていると思っていた所が間違っていたりすると、普段はもう一回やるねと言って取り組むが、イライラしてる時などはもうイヤ!と八つ当たりしてくる。 (こあざらし、42歳)

■飽きやすく、途中で教材がただの遊び道具になってしまいます。遊びながら学んでもらえるのが一番良いのですが。 (あげポテト大好き、29歳)

■届いてすぐにワークに取り組むのは良いけれど、一度問題を解いてしまうと次のワークが来るまで見直したり解きなおしたりしないこと。 (まみむめも、33歳)

■一緒にやろうと声をかけても、「今日はやりたくない~」という日があったり、すぐに飽きてしまうことがあったりすること。 (みりょママ、33歳)

■背中を押さないと、とりかかるまでに時間がかかってしまう。 (クラフトくん、34歳)

集中力が続かず、遊びとの境界線がなくなることも

■集中力が続かず、字をわざと大きく書いたり、薄く書いたりと遊びながらやっている。 (ラジオママ、38歳)

■兄弟がTVを見始めると、そっちに気がいくので困る。 (ゆなゆな、35歳)

■子どもの集中力が途切れるのが早く、苦手な取り組みに対してのあきらめが早い。 (グラグラ、37歳)

■ほかのことに興味が出てきて目移りすることが多い。 (みかん2422,40歳)

■集中力が続きません。ちょっと分からないことが出てくると、「トイレ」「おやつ」「眠い」「テレビ」とほかのことを言い出して。再度ワークに向き合わせるのに疲れます。 (なおりん、36歳)

■好きな問題の時は集中して取り組むけれど、興味がないことだとほかのことをやりだしてしまう。決まったページ数を最後までやらせるべきなのか、またの機会でいいのかに悩む。 (きっとん、29歳)

■ほかの遊びに目移りしてしまう。思い通りにいかないと子どもが不機嫌になる。 (まっきり、34歳)

■気分によって、集中力がまったく違う。まだ小さいからしょうがないと思ったり、今のうちからきちんと教えないとと思ったり、親の気持が揺れる。 (みょん、31歳)

親がついていないといけないのが大変!

■なかなか一緒に取り組む時間を作るのが難しいことと、集中力がもたないので根気強く習慣化させるのが大変です。 (なかむ、30歳)

■家事に追われ、なかなかずっと一緒にみてやることができないこと。 (ロックウェル、45歳)

■親が付き添わなければできない、というのが…。一日のうちの少しの時間とはいえ、その時間を捻出するのが大変。 (くう、29歳)

■親と一緒に作ったり、体験したりがあり、良い経験にはなるけれど面倒くさい。 (misosoupgohan、32歳)

■親がついていないと、読まずに適当にやってしまいます。それでも楽しそうですが、時に失敗して、がっかりしているときもあります。兄弟でついてくる付録が違うので、兄弟ゲンカに発展します。 (わさび、38歳)

■毎日取り組むようにしてますが、私が夕飯などを作りながらさせているといらいらすることが悩みです。 (きらきらきらり、37歳)

■ひとり遊びの延長で取り組んでいる。でも、ママ!ママ!とすぐに呼ばれて、結果いつも2人でしている。 (ゆう、43歳)

■家事をやっている最中に子どもが行き詰ってしまった時、すぐに教えてあげられない。また、教えても理解してもらえず、どう教えればできるようになるか試行錯誤している。 (ぽこ、34歳)

最後に、子どもにやる気を出させる方法、気分を乗せる声かけなど、工夫やアイデアを聞きました。

やる気を出させるには、ほめる!ごほうび!怒らない!

■ドリルの指示通りにやらせられれば一番だけど、まだまだ幼くて言うこと聞かずに関係ないところに色を塗り始めたら落書きしたりしています。でも、それは気にせず、常にほめる方向で見守っています。 (ひつじ、39歳)

■一緒にやることを心掛ける。できたらたくさんほめる。 習慣づけるために時間を決める。 (ふーちゃん、33歳)

■本人がやりたいときにやっている。 できたときは花マルを書いたり、好きなキャラクターのシールをあげている。いっぱいほめている。 (チョコレート、31歳)

■「何でこんな難しい問題できるの?」「すごいね!」などポジティブなほめ方をしている。 (おつまみ、35歳)

■私もできる限り隣でついて、ほめたり応援したりアドバイスしたりしている。終わったら大きな花丸をつけたり、オマケのイラストやコメントを書いている。 子どもがひとりで取り組めそうなときは、私は「一緒にお勉強するね!」とボールペン習字の教材を隣でやったり読書したりしている。 (とまとん、30歳)

■赤鉛筆などで上手にかけたとこを丸してあげたり、シールを貼ってあげたりしています。上手く書けてない文字もありますが、そこはあまり注意せず、楽しく学習できるようにしています。 (くーちゃん、46歳)

■お勉強のノルマが終わったらごほうびタイムでゲームができる仕組みにしてます。 (りんご、39歳)

■大好きなYouTubeを見られるのはドリルが終わってからという決まりなので、そのためにがんばっている(笑)。 (みゅう、39歳)

■環境作り。テレビなど消してお互い集中。てきなくても怒らずに、なんでできなかったかいっしょに考えたり、違うところを説明する。 (ひなみあ、37歳)

■私が一人で始めることです。 広げ始めると、そばにきてやり始めることが多いです。 (みさやん、37歳)

■お姉ちゃんがお勉強しているときを狙って誘う。お姉ちゃんをほめると、自分もほめられたいのでやる気が増す。 (なーまま、42歳)

■とりあえず嫌なことにならないように、これやる?と軽い感じで誘っています。 (ぽん、40歳)

■ママに言われる前に自分で取り組み終わらせれたら、カレンダーにシールをはり、シールがたまったらごほうびにお菓子などを買ってあげる。文字の大きさや数字のきれいさなど、とにかくほめる。 (いとひ、35歳)

※2018年9月26日~10月23日、あんふぁんWebでアンケートを実施。回答数:289件

<あんふぁんWeb編集部>