相鉄バスと群馬大学、大型バス自動運転を共同研究

©株式会社エキスプレス

相鉄バスと群馬大学は、バスの自動運転に必要なシステムの開発、同システムを活用した実証実験の実施、自動運転による輸送サービスの構築などを共同で研究する契約を締結。

群馬大学の技術提供により、相鉄バスがバス事業者として日本初の大型バス自動運転車両を自社所有。自動運転「レベル4」による営業運転をめざす。

また、営業路線を中心に、大型バスの自動運転による実証実験を、2019年秋以降、継続的に実施する。

自動運転レベル4は、限定領域内でシステムがすべての運転を実施する高度運転自動化のレベル。対応主体は運転手ではなくシステムが主体に。

就労人口の減少に伴うドライバー不足への対応として自動運転技術の導入が不可欠と考える相鉄バスは、いちはやく自動運転技術の技術を導入する構え。

また、群馬大学次世代モビリティ社会実装研究センターは、大型バスの自動運転適用の課題解決や、運行実務に即した技術の実現で、自動運転レベル4の実用化につなげる構え。

<テクノロジー関連記事>
https://tetsudo-ch.com/tag/technology

<バス関連記事>
https://tetsudo-ch.com/tag/bus

<自動運転 関連記事>
https://tetsudo-ch.com/tag/driverless

<大学 関連記事>
https://tetsudo-ch.com/tag/univ

<クルマ関連記事>
https://tetsudo-ch.com/tag/car