KAT-TUN“中丸雄一らしさ”が存分に楽しめるTBSドラマ「わたし、定時で帰ります」

©株式会社ジェイプレス社

吉高由里子主演のTBSドラマ「わたし、定時で帰ります」(火曜午後10時)に出演しているKAT-TUNの中丸雄一が絶好調だ。ファンの間では「中丸くんがついに国民の彼氏になってしまった!」と騒ぎになっている。

「働き方改革」が近年、多くの関心を集めている。同ドラマの公式サイトによると、同名小説を原作に、特に注目を集めている「残業問題」を切り口として、単なる制度改革ではなく働く人々の意識改革=社会人の持つべき〝ライフワーク・バランス〟について描いている。

吉高は「絶対残業をしない、定時で帰る」がモットーの主人公・東山結衣を演じている。その結衣の良き理解者で結衣を癒す恋人役・諏訪巧を中丸が演じている。

役柄というよりも、本来の中丸が持っている〝癒し〟の要素が前面に出ており、ファンにとっては、〝擬似彼氏体験〟ができると話題になっている。仕事帰りの結衣を出迎え、結衣と一緒に料理をしたり、グチを聞いたりと淡々としているが癒される、それがまた素の中丸なのでは?というわけだ。

また、中丸は指が細くて長く、手が非常に美しいことで知られている。

2017年に主演したドラマ「マッサージ探偵ジョー」では、美しい手でマッサージするシーンが何度も映った。ファンは「あの美しい手でマッサージされたい」と歓喜し、日テレの特番や舞台で行った、ブラホック外しでは「ブラを外す指が美しい」と大喜びだった。

テレビ関係者は「今回のドラマでは、巧が結衣に婚約指輪を渡し、結衣の指に指輪をはめるシーンがありました。すると、視聴者がSNSで『中丸くんの指の方が指輪が似合ってます』『この美しすぎる手は何?』『あんなプロポーズされたい』とにぎわってましたね」と語る。

美人女優・吉高も、中丸の美しい指と手には〝公開処刑〟されてしまったようだ。(二浦誠)

*画像 火曜ドラマ「わたし、定時で帰ります。」公式Twitter

@watashi_teiji