『iモード』『写メール』『スマホ』に歓喜した平成「携帯電話」の30年

©株式会社日本ジャーナル出版

(C)Karlis Dambrans / Shutterstock、きんとも / PIXTA(ピクスタ)

平成の時代は『通信』の進化、とりわけ『携帯電話』の進化の30年でもある。今となっては誰もが当たり前のように所持している携帯だが、平成初期のころはまだまだ特殊な商品だった。1985年に携帯電話の先駆けとなった〝ショルダーフォン〟が登場すると、たちまちバブル期のステータスとなったが、値段は20万円以上もする高級品で、庶民には高嶺の花だった。

その後、技術の進歩もあり、携帯は年を追うごとに小型化、それとともに契約数も増加していった。大きな転機になったのがNTTドコモの『iモード』だ。それまで通話しかできなかった携帯から、キャリアメールの送受信やウェブの閲覧が可能になり、人気に一気に火がついた。

1996年には『着メロ』がブームになり、お気に入りの着信音を設定できるようになると、着信音をダウンロードできるサイトも一気に増えた。2002年には、『写真付きメール(写メール)』サービスが開始されたことにより、携帯は小型カメラの役割も果たすようになる。『着うた』サービスが開始されたのも同じ年だ。

 

あの高揚感をいつまでも味あわせてほしい

日進月歩を続けた携帯は、やがて〝ガラパゴス化〟し、日本独自の文化として発展していったが、ある日を境に衝撃的な〝転換期〟を迎えることとなる。

「2008年6月9日、Appleの年次開発者会『Worldwide Developers Conference(WWDC)2008』の基調講演で、スティーブ・ジョブズが『iPhone』を発表したのです。7月11日には日本を含む世界22カ国で一斉に発売が開始され、日本では午前7時からソフトバンク表参道で先行販売が行われました。店頭には1500人を超える人が押し寄せ、長蛇の列の中、お祭り騒ぎになりましたね。当時、ソフトバンクの孫正義社長が『今日は携帯がインターネットマシンになる、歴史的な記念すべき日』と宣言しましたが、まさに令和を迎える現在、その言葉通りになりました。iPhoneを購入し、初めてタッチパネルに触れたときに、テクノロジーの進化に驚いた人も多かったでしょう」(携帯ジャーナリスト)

iPhoneやアンドロイド機種の登場によって、今では多くの人が携帯からスマートフォンにシフトしているが、昨今の〝インスタ映え〟や〝Tik Tok〟の流行も、高性能なスマホがあってこそだと言えよう。

最近では〝折りたたみスマホ〟も登場するなど、携帯機種の進化はとどまるところを知らない。令和の時代になってから、どんな新しい機能を見せてくれるのか、今から楽しみだ。

 

【画像】

折りたたみスマホ:Karlis Dambrans / Shutterstock
ショルダーホン:きんとも / PIXTA(ピクスタ)