フェイスブック、通信アプリ刷新

プライバシー重視を強調

©一般社団法人共同通信社

フェイスブックの開発者会議で基調講演するザッカーバーグ最高経営責任者(CEO=左下)=4月30日、サンノゼ(ゲッティ=共同)

 【サンノゼ共同】米交流サイト大手のフェイスブック(FB)は4月30日、通信アプリを刷新する方針を発表した。昨年発覚した個人情報流出問題を受け、風当たりが強まっており、プライバシーを重視した交流サービスで利用者をつなぎとめたい考えだ。日本ではLINE(ライン)や、米アップルの「メッセージ」との競争が激しくなりそうだ。

 ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は、カリフォルニア州サンノゼで開かれた開発者会議の基調講演で「未来は私的な交流にある。私たちが提供するサービスの次の章だ」と述べ、今後数年かけて秘密保持レベルの強化などを実施する方針を示した。