図書館たより~新着図書のお知らせ~

三重県玉城町 広報たまき2019年5月号

©株式会社VOTE FOR

若葉の緑が目にしみる季節となり、初夏の気配が漂う今日この頃ですね。お気に入りの本を片手に木陰で読書などいかがでしょうか。
町図書館では、旬の本・話題の本を取揃え、みなさんのご来館をお待ちしています。
なお、新規でご利用の方は図書カードの登録が必要です。(身分証明書をご持参ください)

■おすすめの一冊
・泣くな研修医 中山祐次郎(幻冬舎)
新米医師の毎日は、何もできず何もわからず、先輩医師や上司からただ怒られるばかり。だが患者さんは待ったなしで押し寄せる。
生活保護で認知症の老人、同い年で末期がんの青年、そして交通事故で瀕死の重傷を負った5歳の少年‥‥。医者は患者さんに1日でも長く生きてもらうことが仕事じゃないのか?なんで俺じゃなく、彼が苦しまなきゃいけないんだ?それでも全力で助けたい。
新米医師の葛藤と成長を圧倒的リアリティで描く感動の医療ドラマ。現役外科医にしてベストセラー『医者の本音』著者、小説デビュー作。(データベースより)

■新着図書
・妻のトリセツ(黒川伊保子)
・いい女、ふだんブッちらかしており(阿川佐和子)
・瞳のなかの幸福(小手鞠るい)
・認知症の人がスッと落ち着く言葉かけ(右馬埜節子)
・姑の遺品は迷惑です(垣谷美雨)
・屍人荘の殺人(今村昌弘)
・ひとつむぎの手(知念実希人)
・オーディションから逃げられない(桂望実)
・へんしん たんてい(あきやまただし)
・ねるじかん(鈴木のりたけ)

読みたい本のリクエストがありましたらご連絡ください。(予算、内容に照らし、購入を検討させていただきます。)