警視庁、皇居を厳重警戒

機動隊員ら数千人

©一般社団法人共同通信社

天皇陛下の車列が通る皇居・二重橋付近を警戒する警察官=1日午前11時55分

 令和の初日を迎えた1日、警視庁は特別警備本部を設置し、機動隊員ら数千人が天皇陛下の即位関連の儀式が行われた皇居周辺を中心に厳重な警備を続けた。

 皇居前広場は4月30日午後6時から立ち入りを規制され、1日午前5時に開放。続々と人が訪れ、機動隊員らが混乱を招かないよう誘導したり、不審物がないか目を配ったりした。

 赤坂御用地から皇居への沿道にも大勢が集まり、警察官を配置。天皇、皇后両陛下の移動時は通行止めにし、白バイが車列を先導した。ヘリで上空からも不審者がいないか警戒した。