改元を祝うセール盛況 商業施設【大分県】

©有限会社大分合同新聞社

タオルの袋詰めに挑戦する買い物客=1日、大分市のイオンパークプレイス大分店

 県内の商業施設は1日、改元にちなんだイベントやセールを展開し、多くの家族連れなどでにぎわった。

 大分市公園通り西の「パークプレイス大分」は改元記念の餅まきを実施。用意した千個の紅白餅を求めて約700人が集まった。

 新元号発表の記者会見をモチーフにしたパネルの前には、記念撮影を楽しむ人の列ができた。家族で買い物に訪れた同市猪野の川野あんなさん(10)=明治北小5年=は「災害のない平和で安全な時代になってほしい」と願った。

 イオンパークプレイス大分店では「おめでとう令和」と題したセールがあり、パッケージに「祝令和」の文字が入った酒や菓子などを販売。千円でタオルの袋詰めができるコーナーには客が殺到していた。

 同店の森永英二次長(45)は「祝福ムードで店内がにぎやか。ゴールデンウイークや母の日商戦も重なり、客足が伸びている」と話した。