嵐がARASHIに改名?ジャニーズ公式ショップの表記にファン困惑「キャベツとレタスくらい違う」

©株式会社ドットレンド

5月1日に発表された「ジャニーズショップオンラインストア」における、嵐の表記が話題になっている。

ジャニーズショップの商品がオンラインで手に入るというジャニーズ公式のオンラインショップが1日に発表された。

そんななか、取り扱いアーティストについて、“ TOKIO / KinKi Kids / V6 / ARASHI / KAT-TUN / NEWS / 関ジャニ∞ / ・・・ ”との記載がみられる。

漢字の「嵐」ではなく、アルファベットの「ARASHI」。

これについて、ファンはTwitter上で「嵐とARASHIってキャベツとレタスぐらい違う」、「嵐が嵐でなくなるのはイヤだ」、「私は断然漢字派」、「アジア中心に海外にファン多くいるからでは」などといったコメントを呟いていた。

1日現在、ジャニーズ事務所の公式サイト「Johnny's net」での表記は「ARASHI」。レコード会社「J-Storm」での表記も「ARASHI」である一方、ジャニーズ公式のモバイルサイト「Johnny's web」では「嵐」となっている。

なお、公式による「ARASHI」表記が初登場したのはインターネットの情報によると、昨年の7月10日に「Johnny's net」がリニューアルされた時のようだ。

2018年7月10日のツイートを見てみると、サイトリニューアルとともに「ARASHI」表記が登場したことに多くのファンが言及しており、その時点でも「嵐表記の方が嬉しいな」、「嵐がARASHIなの気になる」、「嵐はローマ字じゃなくて漢字表記が良い」など今回と同じような反応が見られた。

今後、「嵐」ではなく「ARASHI」が定着していくことになるのか、注目を集めている。