小田急30000形EXE 1本がEXEα化、1000形2本がリニューアル

©株式会社エキスプレス

小田急電鉄は、新型通勤車両5000形新造と同時に、既存のロマンスカー30000形EXE1本をロマンスカーEXEαに更新。通勤車両1000形2本をリニューアルする。

車両リニューアルでは、車いすスペース、車内LCD表示器、自動放送装置の設置、制御装置の更新や車内照明のLED化による省エネルギー化、主電動機・コンプレッサなどの床下機器の低騒音化を図る。

また参宮橋駅は、2020年夏ごろの施設供用にむけ、引き続き駅改良工事をすすめる。下北沢駅は駅商業施設や通路部の整備をすすめる。向ヶ丘遊園駅は、2019年度中の完成にむけ、開業当時から残る北口駅舎を改修し、原型を保存しながら外装を一新させる。さらに片瀬江ノ島駅は、2020年5月駅舎完成にむけ、引き続き改良工事をすすめていく。